バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

127時間(2010)
【2012/01/16 20:34】 映画ひ
☆127時間(2010)
 127 Hours

上映時間 94分
製作国 アメリカ/イギリス
映倫 G

監督: ダニー・ボイル
原作: アーロン・ラルストン
    『奇跡の6日間』(小学館刊)
脚本: ダニー・ボイル
    サイモン・ボーフォイ

出演: ジェームズ・フランコ/アーロン・ラルストン
    アンバー・タンブリン/ミーガン
    ケイト・マーラ/クリスティ
    リジー・キャプラン/ソニア
    クレマンス・ポエジー/ラナ
    ケイト・バートン/アーロンの母
    トリート・ウィリアムズ/アーロンの父

『あらすじ』
27歳の青年アーロンは、行き先を誰にも告げずに一人でアウトドアを
楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンへと向かった。
そこで、アクシデントから、大きな落石に右腕を挟まれ、
谷底で身動きがとれなくなってしまう。
ここから抜け出す方法を懸命に模索するアーロンだが、無情にも時間だけが過ぎていく。
いよいよ限界を迎えようとした彼が下した最後の決断は・・・。

ネタバレ注意!

映画の大半はジェームズ・フランコの一人芝居で、
彼はとっても能天気!な若者を実に上手く演じている。
アカデミー賞あげてもよかったと思う。
ノミネートはされてるんですよね。

とてもシリアスな題材なのに、ものすごくスタイリッシュというか
カッコイイ撮り方をしているのは、いかにもこの監督らしい。

特にオープニングから、アーロンがブルー・ジョン・キャニオンに
到着するまでの場面の画面分割なんて、この題材から想像できない。

それに風景の映像がとってもキレイ!
国立公園の撮影、ボイル監督に頼んだらいいのにって思っちゃう。

監督らしいと言えば、音楽の使い方もとってもいい。

そんなカッコイイ映画なのに、後半の問題の場面、
アーロンが自分の腕を切断する場面は、かなりスゴイです。
下手なスプラッター映画よりグロい。

自分の尿を飲む場面も想像はできたけど、
やっぱり飲むんだ・・・。

そんななかなかすごい映画なんですけど、
何故か観終わったあとの余韻って無いんですよね。
何が足りないのでしょうね?

予告篇↓
http://www.youtube.com/watch?v=fu_Ir89Vkm0
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://oukei1963.blog90.fc2.com/tb.php/85-7d18b46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB