バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

最強のふたり(2011)
【2013/07/16 22:01】 映画さ
最強のふたり(2011)
 INTOUCHABLES
 UNTOUCHABLE

51AbtVM6vyL.jpg

上映時間 : 113分
製作国 : フランス
映倫 : PG12

監督:エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
脚本:エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ

出演:
フランソワ・クリュゼ / フィリップ
オマール・シー / ドリス
アンヌ・ル・ニ
オドレイ・フルーロ
クロティルド・モレ
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
トマ・ソリヴェレ
シリル・マンディ
ドロテ・ブリエール・メリット

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。
彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の黒人青年ドリス。
スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。
周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、
そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。
ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。
いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、
他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。



341701_01_03_02.jpg

実話が基ということですが、ドリス役の青年は実話では黒人ではないそうです。

そのことが、あざといと非難の対象になっているけど、フランス本国で大ヒットした作品。
日本でもフランス映画としては異例のヒットだそうです。

確かに、これがなかなか良いんです。
あざとさは感じなかった。

オススメします。

実話と言われても、この二人の関係ってちょっと信じられないんだけど、
ある意味おとぎ話的なところがないでもないが、
湿っぽくないのが、嫌味にならない要因ですね。
日本映画だとなかなかこういう描き方はできないでしょう。

341701_01_02_02.jpg

オープニングで、二人が“障碍者”であることを逆手に、
警官をだます場面でも、不快な気持ちにならなかった。
これってフランスらしいっていうのかな・・・?

しかし、ものの見事に対照的な二人で、笑えます。

クラシックとEW&Fの対比もよいですね。

ドリス役のオマール・シー、スタイル良いね。
スーツ姿バッチリ!

日本語題名はちょっとお気楽ですが、
原題(INTOUCHABLES)は結構深い。
“触られないもの”って訳せばよいのでしょうか?

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

サニー 永遠の仲間たち(2011)
【2013/04/07 22:00】 映画さ
サニー 永遠の仲間たち(2011)
 SUNNY

61nIa2g+iYL.jpg

上映時間 : 124分
製作国 ; 韓国
映倫 : PG12

監督:カン・ヒョンチョル
脚本:カン・ヒョンチョル

出演:
ユ・ホジョン / 現在のナミ
シム・ウンギョン / 高校生のナミ
チン・ヒギョン / 現在のチュナ
カン・ソラ / 高校生のチュナ
コ・スヒ / 現在のチャンミ
キム・ミニョン / 高校生のチャンミ
ホン・ジニ / 現在のジニ
パク・チンジュ / 高校生のジニ
イ・ヨンギョン / 現在のクムオク
ナム・ボラ / 高校生のクムオク
キム・ソンギョン / 現在のポッキ
キム・ボミ / 高校生のポッキ
ミン・ヒョリン / 高校生のスジ

優しい夫と高校生の娘に恵まれ、何不自由ない日々を送りながらも、
どこか物足りなさも感じていた専業主婦のナミ。
ある日、母の見舞いに行った病院で高校時代の親友チュナと再会する。
彼女は、田舎から転校してきたばかりでイジメられそうになっていたナミを助けてくれた恩人。
ナミはチュナがリーダーを務める仲良しグループ“サニー”の7人目のメンバーに迎えられ、
永遠の友情を誓い合ったのだった。
それから25年、チュナはガンで余命2ヵ月となっていた。
ナミは“死ぬ前にもう一度だけサニーの仲間たちと会いたい”というチュナの願いを聞き入れ、
ある事件がきっかけで音信不通となっていた仲間たちの消息を調べるため、
輝かしい青春時代を過ごした母校へと向かうのだったが…。


342043_01_01_02-1.jpg

42歳の現在と高校時代を行ったり来たりする青春ドラマ。
ヴァイオレンスでもなく、エロ・グロでもなく、歴史物でもない韓国映画って久しぶり!

韓国では大ヒットしたそうです。

友人から、僕には年齢(世代)的にピッタリだからきっとウケるはずと進められて観ました。

ウケました(#^.^#)。

胸キュンというか、ちょっと甘酸っぱくノスタルジー感いっぱいの作品で、
女性だけでなく男性でも楽しめると思います。

韓国ドラマに韓国国民も辟易しているという指摘は笑える。

なかなか面白いです。
オススメです。

342043_01_02_02-2.jpg

でも、ちょっと一言いいたいっていうのもあります。
(一言では済まないけどね・・・)

ネタバレになるので注意してください。



高校生の小娘相手に、あの暴力行為はいただけない。

ラストは確かにちょっと泣けるけど、調子が良すぎる!
チュナが金持ちすぎでしょう。

主人公のナミは、現在の女優さんと高校生時代の女優さんが
ちょっとイメージが違うと思うんですが、皆さんどう思います?

仲の良いメンバーが7人もいて、高校卒業後、全員がお互いに音信不通ってオカシイ。

シンナー中毒の女の子のことも探せばよかったのにと思いました。

高校生のスジが一番キレイです(#^.^#)。

a0047548_18142533.jpg

予告↓



Boney M. - Sunny↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

サンシャイン・クリーニング(2008)
【2012/07/01 20:52】 映画さ
サンシャイン・クリーニング(2008)
 SUNSHINE CLEANING

上映時間 : 92分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG-12

監督:クリスティン・ジェフズ
脚本:ミーガン・ホリー

出演:
エイミー・アダムス / ローズ・ローコウスキ
エミリー・ブラント / ノラ・ローコウスキ
ジェイソン・スペヴァック / オスカー・ローコウスキ
メアリー・リン・ライスカブ / リン
クリフトン・コリンズ・Jr / ウィンストン
エリック・クリスチャン・オルセン / ランディ
ケヴィン・チャップマン / カール
スティーヴ・ザーン / マック
アラン・アーキン / ジョー・ローコウスキ

かつては学園のアイドルだった姉のローズだが、
30代の今は問題児の息子オスカーを抱えたシングルマザー。
仕事も冴えないハウスキーパーで、おまけに学生時代の恋人と腐れ縁のまま不倫中。
一方の妹ノラは、いまだに自立できずに父親と同居中。
仕事も自覚が足らずにバイト先も長続きしない。
父親も父親で一攫千金を狙って怪しげなお菓子の訪問販売に手を出すダメおやじ。
そんな中、息子と家族のためにと、ローズは割のいい仕事を求めて
事件現場のハウス・クリーニングを始めることに。
嫌がるノラも無理やり手伝わせたものの、
最初は現場の予想以上の惨状に悪戦苦闘する2人だったが…。



ダメダメ家族が、その境遇から這い出し、再出発するまでの物語。

彼女達がイタすぎてダメな方もいるようで、
結構、賛否両論の作品です。

題名からは想像できない地味さです。
コメディだけど泣きたくなる事の方が多い作品。
(感動して泣くんじゃないよ、勿論)

でも僕は良かった。
オススメします。

別に主人公達に共感したわけではない。
どちらかというと、ツッコミしまくりで観ていましたが、
でも観終わったあとは、彼女達のこれからが上手くいくといいなって、
素直に願っていました。

姉妹役の二人は言うことなし。
美人なのにそろってダメなのが、実にリアリティあり。
(だからイタすぎるんだけど・・・)。

ダメ親父のアーキンもピッタリ。
最後になって、やっと父親らしいところを見せるのがグッとくる。
あの場面は良いですね。

脇役で一番良いのは、片腕のウィンストン役のクリフトン・コリンズ・Jr。
彼の出演シーンはみんな良い。

あと「24」のクロエで有名なメアリー・リン・ライスカブ。
ここでも相変わらずのしかめっ面なのが笑える。

この事件現場のお掃除屋さんって仕事、
日本でも北川景子主演のドラマがありましたね。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=iHDXkV6T_N8

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
【2012/04/19 20:39】 映画さ
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES

上映時間 106分
製作国 アメリカ

監督:ルパート・ワイアット
脚本:リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー

出演:
ジェームズ・フランコ / ウィル・ロッドマン
フリーダ・ピント / キャロライン
ジョン・リスゴー / チャールズ・ロッドマン
ブライアン・コックス / ジョン・ランドン
トム・フェルトン / ドッジ
アンディ・サーキス / シーザー

アメリカ、サンフランシスコ。
製薬会社の研究所の神経科学者ウィルは、
開発中の新薬を投与したチンパンジーの知能が
驚異的に発達したことを確認し、その成果を発表する。

しかし、そのチンパンジーは突然暴れ出し警備員によって射殺されてしまう。
事態を重く見た所長によってプロジェクトは中止を余儀なくされるが、
射殺されたチンパンジーは妊娠中だったことから、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を
秘かに引き取るとシーザーと名付け、自ら育てることに。

そして、次第にウィルとシーザーのあいだに人間の親子のような絆が芽生えていく。
その一方で、シーザーは並外れた知性を発揮し始めていく。
ところが、すっかり成長したシーザーはある日、
ウィルの父を助けようとして隣人とトラブルを起こしてしまう。
それが原因でウィルと引き離され、類人猿保護施設の檻の中で
屈辱と絶望の日々を送ることになるシーザーだったが…。



SF映画の傑作「猿の惑星(1968年)」の創世記を描いたのがこれなんですが、
ティム・バートン監督がリメイクを超えたリ・イマジネーション(再創造)として
つくったという「PLANET OF THE APES 猿の惑星」と比較すれば、随分マシな作品。

雑誌の紹介等では、結構評価が高かったので、レンタルして観たんだけど、
TVで放映されるのを待ってればよかった。

でも決してツマラナイ作品ではないので、TV放映で観ていたら、
もうちょっと違った評価だったかもしれない。

シリーズ1作目の1968年版を今観ると、かつて観たように感動するかどうかは、
本当のことを言うとわからない。
多分、なんだこんなものだったのかっていうのが、正直な感想だったるする。
しかし、あのラストの衝撃を、今世紀になってつくられた2本は、
やはり超えていない。

ただフリーダ・ピントは良かった!


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

2008年8月に観た邦画
【2009/02/07 23:08】 映画さ
去年の8月に観た日本映画です。

久々に観た日本映画がこれって・・・(笑)

さくらん(2007)

テーマ:邦画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB