バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ジャージー・ボーイズ(2014)
【2015/02/16 20:12】 映画し
ジャージー・ボーイズ(2014)
 JERSEY BOYS

349344_02_01_02.jpg

上映時間 : 134分
製作国 : アメリカ

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:フランキー・ヴァリ
ボブ・ゴーディオ
ティム・ムーア
ティム・ヘディントン
ジェームズ・パッカー
ブレット・ラトナー
脚本:マーシャル・ブリックマン
リック・エリス
作詞:ボブ・クリュー
作曲:ボブ・ゴーディオ
出演:
ジョン・ロイド・ヤング / フランキー・ヴァリ
エリック・バーゲン / ボブ・ゴーディオ
マイケル・ロメンダ / ニック・マッシ
ヴィンセント・ピアッツァ / トミー・デヴィート
クリストファー・ウォーケン / ジップ・デカルロ
マイク・ドイル / ボブ・クリュー
レネー・マリーノ / メアリー
エリカ・ピッチニーニ / ロレイン

ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。
1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしている
バンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・
カステルチオ(のちのヴァリ)を自分のバンドに迎え入れる。
フランキーの歌声は地元マフィアのボス、ジップ・デカルロも魅了し、サポートを約束する。
最初は鳴かず飛ばずの彼らだったが、才能豊かなソングライター、
ボブ・ゴーディオとの出会いによって大きな転機を迎える。
ヴォーカルのフランキー、ギターのトミー、ベースのニックに、
キーボードと作曲を担当する最年少のボブが加わり、
バンド名を“フォー・シーズンズ”と改めた4人は、
『シェリー』を皮切りに次々とヒットを連発、
ついにスターダムへとのし上がるのだったが…。




349344_01_01_02.jpg

トニー賞受賞の同名大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル(60年代から70年代を中心に活躍した
ニュージャージー出身の4人組ヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの栄光と挫折の物語)を
クリント・イーストウッド監督で映画化。

実はかなり恐る恐る観ました・・・(^_^;)。
理由は3点。

理由その①、本国アメリカであまり評判が良くなかった。
アメリカの批評家はオリジナルの舞台を観ていて、その比較をしているのですが、
主人公が映画だと若者に見えないとか、舞台そのままだとか、まーそんなところです。
幸か不幸か、僕は当然のことながら舞台版は観ていませんので・・・。

理由その②、個人的にミュージカルが苦手である。嫌いではない(笑)。
クラシックのオペラもダメなんですよ・・・。
例えば“カルメン”とか好きな作品もあるのですが、歌無しの方が好いです(^_^;)。

理由その③、 キネマ旬報ベスト・テン外国映画ベスト・ワンになったこと。
この一位というのが曲者です。7位とか8位ならいいのに(笑)。

それでも観たのは、去年BS-TBSの“SONG TO SOUL”という番組で、フランキー・ヴァリの
“君の瞳に恋してる”を取り上げていて、興味を持ったからです。

この時の番組に関しては、yuccalinaさんのブログに詳しく書いてあります↓
フランキー・ヴァリとローリン・ヒルが「君の瞳に恋してる」

で、観てどうだったかというと、面白かったです。
僕は楽しめました。
さすがクリント!
ただキネ旬第一位というのはちょっと解せません(^_^;)。

多分、オリジナルの舞台に忠実な構成で、かなりベタなお話と、リアリズム無視のいかにも
作り物っぽい雰囲気が、とても好いです。
アメリカの批評家の言うことはさておき、確かに舞台を観ていないからいいのかも。

ミュージカルといっても、セリフが歌になっていません。
セリフはちゃんとセリフとしてしゃべっているし、フォー・シーズンズの歌は歌として
歌われています。もしくはバックに流れているだけです。

一般的なミュージカル・ファンの方にとってはわかりませんが、セリフが歌になって、出演者が
突然道路上で踊りだすということが無いのが、僕には好かったです(笑)。

でもラストの全出演者が踊る場面は、とても良かったですよ。
勿論クリストファー・ウォーケンも踊っています。
ここは所謂ミュージカルらしい場面で、とても楽しめました。

349344_01_04_02.jpg

実を言うと、フォー・シーズンズについてはあまり詳しくなくて、今回この作品を観て、初めて彼等が
バンドだったということを知りました。フォー・シーズンズってコーラス・グループだと思っていたんです。
この映画の宣伝写真だって、4人が楽器を持っていないから、それぞれ担当楽器があったことにビックリ!

それと映画を観る前から知っていた彼等の曲は“Sherry”だけだったので、コーラス・グループだと
思っていても仕方ないですよね。また“Sherry”のイメージから、爽やかな人々だと思っていたのですが、
金と女とマフィアの話がテンコ盛りで、これもまたビックリ。
その上、フランキー・ヴァリの娘はドラッグ問題と、波乱万丈な人生で実に映画的?です。

349344_01_05_02.jpg

そうそうギター担当のトミー・デヴィートとジョー・ペシとの関係って実話なのかな?

興味深いのは、フランキーとボブ・ゴーディオがブリル・ビルディング(ブロードウェイ1619番地の
オフィス・ビル。音楽事務所やスタジオが入っていたことで有名)に売り込みに行った時、彼等が白人
だというので断られること。黒人で断られるならともかく、ちょっとへ~!?なエピソードです。

音楽(アメリカン・ポップス)ファンとしては、非常に楽しめます。

☆サントラ・ソング・リスト↓

1. Prelude
2. December, 1963 (Oh, What A Night)
3. My Mother's Eyes
4. I Can't Give You Anything But Love
5. A Sunday Kind of Love
6. Moody's Mood for Love
7. Cry For Me
8. Sherry
9. Big Girls Don't Cry
10. Walk Like A Man
11. My Boyfriend's Back
12. My Eyes Adored You
13. Dawn (Go Away)
14. Big Man In Town
15. Beggin'
16. Medley: Stay / Let's Hang On (To What We Got)
/ Opus 17 (Don't You Worry 'Bout Me) / Bye, Bye, Baby
17. C'mon Marianne
18. Can't Take My Eyes Off You
19. Working My Way Back To You
20. Fallen Angel
21. Who Loves You
22. Closing Credits: Sherry / December, 1963 (Oh, What A Night)
23. Sherry
24. Dawn (Go Away)
25. Rag Doll


349344_01_02_02.jpg

上にも書いた通り、フォー・シーズンズの曲として知っていたのは“Sherry”だけで、
それ以外ではフランキー・ヴァリのソロ作品“Can't Take My Eyes Off You”ぐらいでした。

で、映画を観て分かったのは、彼等のオリジナルは知らなかったけど、カヴァー曲は結構知っていた
ということです。

先ずは、“Stay”。
これはジャクソン・ブラウンのアルバム「孤独なランナー」に収録のもの。
このブラウン版の目玉は、スライドの名手デヴィッド・リンドレーの歌声ですね。

お次は“ Bye, Bye, Baby”。
僕にとってはというより、現在40代後半から50代前半の女性にとってはベイ・シティ・ローラーズの
ヒット曲として有名でしょう。僕も妹がBCRのファンだったので、それでよく知っています(笑)。

次は“ Let's Hang On (To What We Got)”。
この曲は誰のバージョンで聴いたのか全く思い出せませんが、曲そのものはよく知っています。
誰のなんだろう・・・?

エンドロールで流れる“Rag Doll”。
この曲もかつて聴いた記憶がありますが、誰のを聴いたのかな・・・?
ビーチ・ボーイズの何かの曲と勘違いしているのかも。

反対にラストのダンス・シーンで流れる“December, 1963 (Oh, What A Night)”。
オマケ映像の中で、この曲はみんなが知っているからこの場面に選んだと説明していますが、
僕は初めて聴きました・・・(^_^;)。

そしてフランキー・ヴァリのソロ作品“Can't Take My Eyes Off You”。
これはボーイズ・タウン・ギャングのカヴァーで知ったといってもよいでしょう。
オリジナルを聴いたのは、随分後になってからですね。
でもオススメはローリン・ヒルのバージョンです。
この映画の中でも、ブリッジの部分のエピソードが取り上げられています。

その他では、“Big Girls Don't Cry”のエピソードが面白かった。
曲そのものは今回初めて聴きました。
で、そのエピソードとは、なかなか新曲が出来なかった夜に、たまたまつけていたテレビで
放映していた映画の中のセリフがこの“Big Girls Don't Cry(大人の女は泣かないものよ)”。
それでこの曲が完成したそうです。
僕は同名異曲の“Big Girls Don't Cry(BEPのファーギーの歌です)”が好きなんですが、
言葉としてはきっとありふれたものなんしょうね。

☆映画『ジャージー・ボーイズ』フィナーレ映像↓



☆予告↓





ちなみに僕の好きなミュージカル映画は↓

☆リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(勿論1986年の方です)

☆ロッキー・ホラー・ショー(1975年)

☆ダウンタウン物語(1976年)

☆ストリート・オブ・ファイヤー(1984年)←これをミュージカルというのかは微妙ですが・・・。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

シュガーマン 奇跡に愛された男(2012)
【2014/04/07 20:40】 映画し
シュガーマン 奇跡に愛された男(2012)
 SEARCHING FOR SUGAR MAN

344446_02_01_02.jpg

メディア : 映画
上映時間 : 85分
製作国 : スウェーデン/イギリス
ジャンル : ドキュメンタリー/音楽

監督:マリク・ベンジェルール
製作:サイモン・チン
マリク・ベンジェルール
製作総指揮:ジョン・バトセック
撮影:マリク・ベンジェルール
編集:マリク・ベンジェルール

70年代にアメリカでまったく売れることなく姿を消した
一人のミュージシャン、ロドリゲス。
ところが彼の作品が、海を隔てた南アフリカで反アパルトヘイトの
象徴として爆発的なヒットとなる。
90年代に入り、2人の熱狂的ファンが謎に包まれたロドリゲスの消息を
探るべく立ち上がり、やがて思いもよらぬ真相へと近づいていく。



344446_01_01_02.jpg

面白いです。
オススメします。

でも音楽(ロック)ファンで、ディランと聞いておっ!と思う方にオススメします。
いや別にこのロドリゲスがディランに似ているわけではありません。
でもそういった方向に多少なりとも好奇心がある方でないと、ちょっとつまらないかも。
それと、これはインタビュー中心のドキュメンタリー作品です。
ライブ映像は基本的に無いと思ってください。
勘違いして、がっかりする人もいるようなので、まず言っておきます。

ドキュメンタリーとしては、かなり面白い部類に入ると思う。
謎解きの手法も上手いです。

02_large.jpg

2枚のアルバムを出して姿を消してしまったシンガー・ソング・ライターなんてものは
別に珍しくないけど、その後の彼の運命は結構ユニークでしたね。
南アフリカで、結構なライブを行うも、特に商売っ気を出すわけでもなく、
また今迄通りの生活を送るって淡々としていてスゴイな・・・。

っていうか、レコード会社が商売っ気を出さなかったのが、不思議なんですけど?
この映画の中でかかる曲を聴く限り、かなり良いと思うんですが。
当時(1970年頃)、売れなかったのは兎も角、“再発見”されてからは、やりようによっては
そこそこ売れたのではないかなと思われるのですが・・・、どうなんでしょうね?

今アマゾンで調べたら、1990年に彼の2枚目がリマスターで再発されていたので、
レコード会社も売る気はあったんですね。
ただ大して売れなかったのか・・・(^_^;)。

彼が発見されたのは“奇蹟”ではなくて単なる“偶然”だと思いますが、
なんにせよ良かったですよね。
こうして日本人にも彼の音楽が届けられることになったわけですから。
しかし、インターネットは偉大だ(笑)。

彼のCD、買おうか迷ってます。
ちょっと今買い過ぎで、まだ封を開けていないものがあるので・・・。
でもこうやって悩んでいるうちに、買うの忘れちゃうんだろうな(^_^;)。
映画の中で聴いた曲は、結構好みです。

そう言えばこの作品、スウェーデンとイギリスの製作なんですね。
南アフリカとかアメリカじゃないんだ、何故?

映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』予告編





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

G.I.ジョー(2009)
【2013/12/01 20:44】 映画し
G.I.ジョー(2009)
 G.I. JOE: THE RISE OF COBRA

333700.jpg

上映時間 : 118分
製作国 : アメリカ

監督:スティーヴン・ソマーズ
キャラクター創造:ハズブロ
脚本:スチュアート・ビーティー
デヴィッド・エリオット
ポール・ラヴェット

出演:
チャニング・テイタム / デューク
レイチェル・ニコルズ / スカーレット
マーロン・ウェイアンズ / リップ・コード
シエナ・ミラー / バロネス
レイ・パーク / スネークアイズ
イ・ビョンホン / ストームシャドー
ジョセフ・ゴードン=レヴィット / コブラコマンダー
アドウェール・アキノエ=アグバエ / ヘビーデューティ
クリストファー・エクルストン / デストロ
サイード・タグマウイ / ブレーカー
デニス・クエイド / 司令官ホーク
ジョナサン・プライス / 大統領

ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。
その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする
驚異の性質を持つため、コブラと共謀する武器商人デストロの手によって世界を脅かす化学兵器として
悪用されてしまうことに。
そこでアメリカ政府は、世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”を、
世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。
強靱な肉体と行動力を持ったエキスパート集団である彼らは、
加速装置付きのハイパースーツなど最新のガジェットを操り、コブラに立ち向かう。
そして両者は、G.I.ジョーの若きリーダー、デュークとコブラの中心メンバー、バロネスとの
知られざる因縁をはじめとした逃れられぬ宿命に導かれながら、苛烈を極めた攻防を展開していくのだが…。



3337.jpg

以前テレビ放映されたものを録画鑑賞。

観ている間に、来年の同窓会の打ち合わせの、電話やメールのやり取りがあったんだけど、
それでも分かる内容の作品です。
っていうか、それほど大した内容がある作品とは言えない(^_^;)。

33.jpg

ストーリーそのものはシンプルで、テンポのよいアクションで見せる映画ですね。
特にパリのアクション・シーンは見どころあり。

ブレンダン・フレイザーが出ていたらしいが、どこに出てた?
気付きませんでした。

暇つぶしにはよい、というか暇つぶし用の作品。

33370.jpg

予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

人生の特等席(2012)
【2013/09/14 20:57】 映画し
人生の特等席(2012)
 TROUBLE WITH THE CURVE

343639_02_01_02.jpg

上映時間 : 111分
製作国 : アメリカ

監督:ロバート・ロレンツ
製作:クリント・イーストウッド
ロバート・ロレンツ
ミシェル・ワイズラー
脚本:ランディ・ブラウン

出演:
クリント・イーストウッド / ガス
エイミー・アダムス / ミッキー
ジャスティン・ティンバーレイク / ジョニー
ジョン・グッドマン / ピート・クライン
ロバート・パトリック / ヴィンス
マシュー・リラード / フィリップ・サンダーソン
ジョー・マッシンギル / ボー・ジェントリー

数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル。
しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、
ガスのような昔気質のスカウトマンはすっかり時代遅れに。
視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も延長は望み薄。
そんな中、ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスのもとに、
弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた一人娘のミッキーがやって来る。
すっかり疎遠になっていた2人は、久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。
そんな2人の前に、かつてガスに見出され、引退した現在では新米スカウトマンとして
再出発を図るジョニーが姿を現わすが…。



343639_01_02_02.jpg

この作品を観るなら、ブラピの“マネーボール”と2本立てで観ることをお勧めします。

イーストウッド作品の製作に長年携わってきたロバート・ロレンツの監督デビュー作。
新人といってもキャリアは十分(監督と製作は違うけどね・・・)。

なかなか良くできた家族(父と娘)映画の佳作です。
イーストウッドのファンには勿論オススメです。

頑固おやじのイーストウッドは言うまでも無いが、
ヤリ手弁護士役のエイミーも好いですね。

343639_01_01_02.jpg

元野球選手役のジャスティン君は、本業の歌手の方はバカ売れだし、
俳優業もなかなか順調にいっていますね。

343639_01_03_02.jpg

ただ幾つか不満もある。

先ずは、イーストウッド。
役者としては文句はないけど、この役には歳をとりすぎ。
いくらなんでも、とっくに引退していないと・・・。

実年齢よりも若く見えるけど、やっぱり現役で仕事をしているのは違和感がある。
だから“グラン・トリノ”の隠居オヤジは、実にピッタリだった!

お次は野球。

僕は野球に関しては特にファンでもないけど、
スカウトの人間が、あそこまでデータにだけ拘って選手を選んでいるのは、
映画的誇張があったとしてもちょっと極端でおかしい。

ドラフト1位指名のあの打者にしても、カーブに対する弱点なんて、
プロになってから直すことはできるでしょう?

原題名のカーブは、野球のカーブと人生のカーブのダブルミーニングですね?
どちらも問題をかかえているわけだ。

まー、文句も言ったけど、でもなかなか楽しめる一本でした。

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

ジャンゴ 繋がれざる者(2012)
【2013/08/30 20:45】 映画し
ジャンゴ 繋がれざる者(2012)
 DJANGO UNCHAINED

342722_02_01_02.jpg

上映時間 : 165分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン

出演:
ジェイミー・フォックス / ジャンゴ
クリストフ・ヴァルツ / Dr.キング・シュルツ
レオナルド・ディカプリオ / ムッシュ・キャンディ
ケリー・ワシントン / ブルームヒルダ
サミュエル・L・ジャクソン / 執事スティーブン
ドン・ジョンソン / ビッグ・ダディ
ジョナ・ヒル / Bag Head #2
ウォルトン・ゴギンズ / ビリー・クラッシュ
デニス・クリストファー / モギー
ローラ・カユーテ / ララ
M・C・ゲイニー / ビッグ・ジョン・ブリトル
クーパー・ハッカビー / リル・ラージ・ブリトル
ドク・デュハム / エリス・ブリトル
ジェームズ・ルッソ / ディッキー・スペック
トム・ウォパット / 連邦保安官
ジェームズ・レマー / エース・スペック/ブッチ・プーチ
フランコ・ネロ / Amerigo Vessepi
アトー・エッサンドー / ダルタニアン
ドン・ストラウド / 保安官
ブルース・ダーン / Old Man Carrucan
クエンティン・タランティーノ / The LeQuint Dickey Mining Co. Employee

南北戦争勃発前夜のアメリカ南部。
賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツは、お尋ね者三兄弟の顔を知る
黒人奴隷ジャンゴを見つけると、彼の鎖を解き放ち、三兄弟の追跡に繰り出す。
その後、ジャンゴの腕を見込んだシュルツは、
彼を賞金稼ぎの相棒にして2人で旅を続けることに。
しかし、そんなジャンゴが真に目指す先は、
奴隷市場で生き別れた最愛の妻ブルームヒルダのもと。
やがて、彼女が極悪非道な農園領主カルビン・キャンディに
売り飛ばされたことを突き止めたジャンゴとシュルツ。
2人はキャンディに近づくため、ある周到な作戦を準備するのだが…。



342722_01_02_02.jpg

“白人を撃って、撃って、撃ちまくるんだ! 最高さ!”
みたいな内容の感想を、ジェイミー・フォックスが発言したらしく、
ちょっと問題になったそうですが、いいじゃないですか、最高です!(^^)!

オープニングからマカロニウエスタンへのオマージュたっぷりで、
タランティーノ節全開の快作!

165分もありますが、全く問題なし(でもちょっと長い・・・(^_^;))。

コミカルさとシリアスさと残酷さのバランスがとても良いです。

俳優では、饒舌なクリストフ・ヴァルツがとても良い。
悪人のレオナルド・ディカプリオも良い。

342722_01_01_02.jpg

やりすぎな感があるのは、サミュエル・L・ジャクソンかな。

342722_01_11_02.jpg

上記の3人と比べると、肝心のジェイミー・フォックスはちょっとおとなしい。
でもあれだけ白人を殺せるんだからいいか(笑)。

タランティーノが、おバカな役でちょこっと出るのはご愛嬌ですね。

エンドロールの後に、1シーンあるのでちゃんと観るように!
どうでもいい場面ですけど・・・。

342722_01_13_02.jpg

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB